意外と知らない?自転車運動ダイエット

ダイエットのために、毎日の生活で運動を取り入れるのは、簡単ではないですよね。 そんな日々忙しい方は、ちょっとした時間を運動の時間に変えてしまいましょう。 生活の中で大きな時間を占めるのが、通勤・通学時間だと思います。

普段、何気なく乗っている乗り物で多いのは、自転車ではないでしょうか。 主婦の方はもちろん、学生さんや社会人の方でも、通勤・通学に自転車を利用している方はたくさんいらっしゃるでしょう。 そんなチャリ通時間を、ダイエットのエクササイズの時間に変えてしまうのです。

自転車を漕ぐのは、一見楽そうに見えますが、実は意識して漕ぐと想像以上にカロリーを消費できる有酸素運動です。 疲れにくいので、その後の仕事や勉強に響きにくい上に、普段運動していない方でも、膝や腰への負担が少ないため、無理なく続けることができます。

自転車を漕ぐポイントとしては、必死になって息が切れるほど漕ぐと、有酸素運動としての効果が薄れてしまうので、軽く呼吸が早くなる程度のスピードを保つようにしましょう。 下半身により負荷をかけたい方は、土踏まず辺りでペダルを漕ぐのではなく、足の指の付け根あたりでペダルを漕ぐようにすれば、足の全体的なシェイプアップになります。

上半身に効かせたい方は、背中を丸めて漕ぐのではなく、背筋を伸ばすことを意識しながら自転車を漕ぐようにしましょう。 これだけなら誰でもできそうですよね。 普段は電車通勤・通学をしている方は、ダイエットを機にチャリ通に変えてみてはいかがでしょうか?